インスタグラムには位置情報がある

インスタグラムをお店で起ち上げた時に、

「自分のお店が”位置情報を追加”で表示されない。」

あるいはお客様に、

「お店の位置がスポットに出ていないんですけど・・・。」

と言われてお困りではありませんか?

インスタグラムの位置情報

インスタグラムの投稿時には位置情報を登録できる

新しいお店は位置情報がない!?

インスタグラムで新しくお店のアカウントを作成した時に忘れずにしてもらいたいことが、スポットの登録です。

以前からあるお店は既に登録されていることが多いですが、

新しいお店の場合は検索しても見つからない場合があります。

お客様はインスタグラムのスポットで検索して、そのお店の写真を投稿することもあれば、見ることもあります。

位置情報(スポット)の登録は来店していただくお店には必至の環境整備です。

では、それはどうすれば良いのでしょうか。

インスタグラムの位置情報

スマホのGPSをもとに付近のスポットのリストが表示される

インスタグラムの位置情報

スポットを検索すると、スポットに投稿された写真が一覧で見られる

位置情報を登録する2つの方法

結論は、フェイスブックでスポット登録をするということです。

インスタグラムはフェイスブックに買収されています。

インスタグラムの位置情報はフェイスブックがベースとなっているのです。

フェイスブックの位置情報(スポット)設定方法は以下の2通りがあります。

具体的な方法を詳しく紹介されている外部記事をご紹介させていただきました。

1・フェイスブックの位置情報は単なるスポットとして登録する

Instagramに投稿する店の写真は位置情報を追加して探しやすくする

フェイスブックユーザーが既にスポットとして作成し、チェックインしている場合もあります。

しかし、これは後述するフェイスブックページではないので、お店側が投稿したりはできません。

2.フェイスブックページとして登録する

フェイスブックの個人アカウントではなく、お店ページであるフェイスブックページを起ち上げて、そこで登録し、以前から単なるスポットとして登録されているものを統合して一本化しておく方法とがあります。

Facebookスポット設定をし、チェックインしてもらおう!

インスタグラムを起ち上げるなら、同時にフェイスブックページの起ち上げも

私はフェイスブックページも起ち上げておき、そこで位置情報を正しく登録し、フェイスブックページにもチェックインできるようにしておくことを推奨しています。

最近、フェイスブックのタイムラインにも、#京都 #カフェ #るり渓 のようにハッシュタグがたくさんついた投稿が見かけられます。これはインスタグラムで投稿したものをフェイスブックにも連動させ、インスタグラムとフェイスブックを同時に投稿しているものです。

連動投稿は一長一短あるのですが、インスタグラムからの1投稿でインスタグラム・フェイスブックページ両方に投稿できるのは、お忙しい店長からすればとても便利な方法です。

まとめ

・新しいお店にはインスタグラムの位置情報(スポット)が登録されていない場合が多い

・インスタグラムの位置情報(スポット)登録はフェイスブックで行う

・フェイスブックページで位置情報を登録した方が良い

位置情報があることはお客様の投稿にとっても便利なので、きちんと登録しておきましょう。

丹波経営研究会