nougyo

コンセプト

誰に:農家に
何を:運搬用農業用機器を
どのように:部品から最終製品まで手づくり少量多品種生産で

※当方解釈

市場選択

・大手がひしめく、トラクタやコンバインといった
大型機器ではなく、小型の運搬用農業用機器でシェア4割

 

市場ニーズ調査

・社長が誰よりも農家をまわり、悩みをきいてきた。
「どこもメモして話を聴くだけで、形にしてくれない。」
という農家の声に、「やってやる!」

・試乗会でボヤキをビデオに収録。
ボヤキとは「改善が無理だと思っている要望」
それを世界初の商品開発部で分析会議をし、具現化へ。

・一人一人の悩みの背後に500~1000人の同じ悩みを
持つ人がいる。

製品開発

・「いくらかかってもいいからお客さんがびっくり
するものをつくれ。」

・「経営はコストアップ」コストダウン再優先では
何もできなくなる。

 

マネジメント

・「ものづくりは演歌だ」義理と人情のものづくり
工場にユーザーである農家一人一人の写真を貼り、
顧客を身近に感じてもらう

 

参考サイト

築水キャニコムのHP

農家&世界が感動!スーパーニッチ”ものづくり”筑水キャニコム社長 包行均(かねゆき ひとし)