Multi-Color_Logo_thumbnail200

更新履歴

2016.4.10更新

 

はじめに

私は、京都・大阪北部を中心に、小さな会社や飲食店のお金をかけないネット活用支援を行っています。

これまでも、材木店、焼肉店、ラーメン店、寿司屋などでインスタグラムの起ち上げ・運用・改善支援を行ってきました。

その中で、自己紹介文はほぼ必ずといっていいほど、改善するポイントです。

・お店の場所がわからない

・何屋かの情報が書いていない

・ホームページ・食べログ・ぐるなび等、お店情報がわかるサイトへのリンクがない

・お店のウリ・特徴・名物がわからない

・インスタグラムでの目的(コンセプト)があいまい

・外国人観光客をターゲットとして集客したいのに英語でない。

・150文字まで書けるのに20文字程度しか使っていない。

など、とりあえずなんとなくインスタグラムをはじめた方の場合、プロフィールの情報が不十分でもったいないと感じることが多々あります。

 

今回はビジネス目的のインスタグラムの紹介文について考えてみたいと思います。

ツイッターでも相手をフォローするかどうかを決める上で投稿内容と自己紹介文をチェックした上で判断する方が多いと思います。

インスタグラムでもやはり、

「どのような写真を投稿しているのか?」

「どんな人なのか?自己紹介を読んでみよう」

と思い、両方をチェックすることが多いのではないでしょうか。

常時改善しているので、現在もこのままかどうかはわかりませんが、私がどのように自己紹介文を書いているかについてお話しします。

 

なお、プロフィールについては下記のブログで丁寧に紹介されています。名前とユーザーネームの違いや、各項目の入れ方についても説明されていて丁寧です。

Instagramでプロフィールを設定する方法

 

 

前提~誰に向けて発信するのか?~

インスタグラムでじっくりフォロワーを増やすための6ステップ

でも書きましたが、まずインスタグラムのコンセプトを明確にしておくことが大切です。

自己紹介文については、特に誰に向けて発信するのかが重要です。

簡単に言えば、日本人と主に交流したければ日本語、海外の人と交流したければ英語等で書くということです。

中国人をターゲットにしているお店で中国語で書く等、言語もこだわって特化するのも1つの方法ですね。

インスタグラムのプロフィール(自己紹介文)の書き方7つの視点

私のプロフィールはこんな感じです。

2016.7.6バージョン

インスタグラムの紹介文

インスタグラムの紹介文

 

2017.4.10バージョン

インスタグラム自己紹介20170410

 

構成はこんな感じです。

このような記事を書いてる割には少ないフォロワー増加数で恐縮です。

無理せず楽しく継続しているとご理解いただければ幸いです。

他の方の紹介文で気づいた点を含めて7つの視点をご紹介します。

 

1.どこで

亀岡市畑野町土ケ畑を中心に京都・北摂で

japan kyoto 

→特定の場所を中心に紹介する場合、場所の情報は重要。飲食店や観光施設等、来訪を目的とする場合は必須です。店の場合、住所や電話番号を掲載するのもありです。プロフィール文ではないですが、ホームページ・ブログ・食べログページ・ぐるなびページ等お店の情報がよくわかるリンク先も設定しておきましょう。

飲食店の例

飲食店の例

2.なにを

自然や田舎暮らしの風景・花・食べ物・地域イベントなど地域の魅力を紹介

愛猫ミュウ子も

countrylife

→これは幅広い方だと思います。絞っている方が特徴が際立ちます。

<例>

・おいしい食べ物とお酒を

・京都の樹木を

・手づくり創作料理を

・着物を来て京都観光を楽しんだお客様を(レンタル着物)

・日本海のすばらしい夕日と海の幸を(旅館)

・地域の観光・イベント情報を(民泊)

・季節に合わせたケーキやお菓子を(ケーキ屋)

 

3.目的(どうしてほしいか?)

住んでいる地域・自然・グルメ田舎暮らしを知ってほしい

コメント・無言フォロー歓迎

他の方とのつながりについてのスタンスも明示しています。

ビジネスをされていると、気持ちはすごくわかるんですが。「買ってほしい」「来店してほしい」「予約してほしい」といったセールス投稿ばかりは嫌がられます。読み手・見込客・リピート客がみて、「楽しそう」「おいしそう」「また行きたい」などと思ってもらえるかどうかに注意しましょう。

 

4.写真の撮り方

全て自分で撮影 ※2017.4.10時点ではこの項目は削除

→iPhoneや一眼レフカメラの機種など、写真メインなので、何で撮影されているかをアピールされている方も多いです。これはこだわりの度合いでしょうか。あと、加工をしているのか、無加工なのかも明示している方もいます。

 

5.絵文字

風景・花・フォークとナイフ・猫・日本の国旗

→言語関係なくイメージで伝えられるのでとても便利です。

 

この記事をきっかけに他の方のプロフィールを見てみました。他にはこんな項目もいいですね。

 

6.訪問してくれたことへの感謝

訪問感謝!

→数多くあるユーザーの中から、ご縁があって訪問してくれたことへの感謝を伝えるのはいいですね。

 

7.信念・理念・信条・価値観を伝える

例:地球に愛を・自然派生活・ロハス・都会派・○○が好き

→ここが共有できればコメントも弾みそうですね。

 

まとめ

プロフィールも考えていくと、奥が深いです。

色々な人、特に有名人でもないのにフォロワーが多い人のプロフィール内容をチェックしてみましょう。

プロフィールは何度でも更新できます。

いいなと思ったことはどんどん取り入れる柔軟性が大切です。

少しずつ魅力的な、伝えたいことがきちんと伝わる自己紹介にしていきましょう!

忘れないうちにすぐに、48時間以内に改善してみることがおすすめです。

 

追記

プロフィールの文字数は150文字まででした。言葉の短縮など、工夫し、伝えたいことを上手に凝縮しましょう!

 

関連記事

飲食業のインスタグラム自己紹介文7業態の事例

飲食店のインスタグラム・ハッシュタグ集(コピペOK)

飲食業のインスタグラムのハッシュタグ4つの視点(焼肉店を事例に)

関連書籍

ビジネスとしてインスタグラムをはじめたい方におすすめの内容です。

操作方法についても画像付でわかりやすく解説しています。