社員を大切にする経営

 

本当の企業経営とは「五人に対する使命と責任を果たすための活動のこと」

 一、社員とその家族
二、社外社員(下請け・協力会社の社員)とその家族
三、現在顧客と未来顧客
四、地域住民、とりわけ障がい者や高齢者
五、株主・出資者・関係機関

by 坂本光司教授

サウスウエスト航空のような社員を大切にしている経営をしている会社が日本にもないかと考えている時に出会ったのが「日本でいちばん大切にしたい会社」でした。

お客様に、感動していただく仕事をするためには、お客様と直に接する社員が会社や経営陣のマネジメントに感動していないと、なかなかそんな気持ちにはなれないと思います。
また、社員が家族とうまくいっていなければ、やはりそれが表情に表れてしまいます。

会社のビジョンがわからず、将来を不安に感じていたり、長時間労働で家族と過ごす時間が持てなかったりすると、
その原因の一つは会社のマネジメントにもあります。

将来のビジョン、社員の生きがい、働く環境の改善といった要素を一つずつ優先順位を明確にして改善していく、そんな経営支援、マネジメント作りを支援していきたいと思います。

丹波経営研究会