独立体験記の全体構成

 まず自己紹介を行い、それから現在(2017年)に至るまでの経緯をご紹介します。その上で、案件獲得の方法、最後にこれから独立される方へのメッセージをお伝えします。

 

更新履歴

初稿 2017.5.22

更新 2019.2.19 全体的に加筆

 

自己紹介

 

 私の自己紹介です。このブログはホームページでもあるので、事務所概要とほぼ同じ内容です。

 もともと大阪府三島郡島本町出身であったことと、おおさか地域創造ファンドというお仕事がきっかけで大阪府では北摂地域で仕事をさせていただいています。

 もう1つ。現在亀岡在住であり、京都府中小企業診断協会に所属しているところから派生して、京都府全域でお仕事をさせていただいております。

 

最初は選り好みせず、徐々に専門性を高めた

 独立当初は必死に、いただいた案件は何でも乗らせていただいていました。

さまざまな分野に新規案件を抱え、常にそのテーマを学習してという方法に行き詰まりを感じ、自分の価値観・方向性を見直しました。

現在はBtoCをメインに、強みを活かした販売促進・WEB活用と、事業計画の作成支援にほぼ絞って、より専門性を高めようと取り組んでいます。

 お仕事でご縁のあったところを中心に、商工会・商工会議所の会員にさせていただいております。また、専門家登録もさせていただいております。

 独立当初のPRポイントは、『インターネットが得意。財務に強い』というくらいでした。

 独立してから、いただいた機会を活かして、磨きに磨いていきました。

 たとえ、必殺技といえるレベルまでいってなくても、

 ・仕事の活動エリア

 ・得意分野

 この2点については独立当初から、いつでも自己PRできるよう準備をしておかれることをオススメします。

 現在は、『インターネットに強い』から、例えばホームページでは、

 『自らもホームページでSEO対策を実施し、本サイトが月間12,718ページビューを記録しています。※2019年1月現在』

 と具体的に実績を言えるようになりました。

 実際にアクセス解析の画面で実数を見せて説明すると、クライアントの反応が全く違うものになり、

 「ぜひ、助言・指導をお願いしたい!」

 となります。

次回は”中小企業診断士を目指した背景”です。

 

【記事一覧)中小企業診断士独立体験記(27歳で独立10年目記念)

丹波経営研究会