お金を使わずに智恵を絞る
この本から小さなお店の大逆襲開始!

 

【今回の一冊】
タイトル:「0円販促」を成功させる5つの法則
著者:米満和彦
価格:¥ 1,470

 

【こんな方にオススメ】
販売不振に悩む小さなお店の経営者 ☆☆☆☆☆
お金をかけずにお客さんを増やしたい小さなお店 ☆☆☆☆
●中小企業の販促アイデアを色々知りたい ☆☆☆☆
小さなお店の販売を支援するコンサルタント ☆☆☆☆
●お金をかけない販促の具体的事例を知りたい ☆☆☆

 

【いわの評価】
●総合評価 ☆☆☆☆
●読みやすさ ☆☆☆☆
●ボリューム 普通

 

【ここに注目!】
1冊100円の大学ノートで商売繁盛
●血液型占いで商売繁盛
●メール販促3つのノウハウ
集客が半永久的に継続するツールを増やし続ける
●店のコンセプトと、コンセプトのキャッチコピー化
●店員とお客の関係を変える
毎日1時間「考える時間」を確保
●無料の技術サービスを行う
●クチコミを発生させるための3つの方法
業界の「非常識」で大繁盛
初来店時に何かをしかける
●「感動」プロモーション

【レビュー】
小さな店は大手の真似をしてはならない。

つまり、「安い(価格)」「品揃え」で勝負してはならない。

小さなお店は「人」と「情熱」で勝負する。

タイトルに「0円販促」とありますが、本当に0円のものに加え、0円に近いコストでできる販促と、初期費用さえかければ、ランニングコストがかからない販促が主に紹介されています。

『お金よりも智恵を使う』ことを重視した本です。

米満さんは大手印刷会社を経て独立開業し、飲食店・美容室を中心に小さな店の販促支援を行っておられます。現場で培ったノウハウが凝縮されているので、内容に説得力があります。

米満さんのこの主張は、中小企業を支援している私としても強く共感しました。

この本には小さなお店が集客を実現するための具体的なアイデアがたくさん紹介されています。

お金をかけなくても、大手企業じゃなくても立派に販売促進ができる。商売繁盛につなげられる。

この本は小さなお店に大きな勇気を与えてくれると思います。

その販促戦略の「考え方」をよく理解し、3~4つのアイデアを同時並行的に実施することを米満さんはオススメされています。

そして、行動し継続することが何よりも大事だと言われており、実際に実践すること、それを続けることの大切さを再確認させていただきました。

終章の『太郎の涙』は米満さんの体験に基づいた小説とそこから得た教訓で構成されており、私は読んで感動しました。

この本のアイデアでそのまま自分のお店で活用できるアイデアを使うも良し。ここで紹介されているアイデアから新たにオリジナルのアイデアを創造するも良し。お金をかけない販売促進のいいアイデアが得られると思います。

【目次】
プロローグ
法則1 素人でもできるインターネット販促で商売繁盛
法則2 集客が半永久的に継続するツールで商売繁盛
法則3 店の「個性」を打ち出すだけで商売繁盛
法則4 考えて!考えて!考えて!商売繁盛
法則5 「人」、「情熱」を付加した最強クチコミで商売繁盛
終章 『太郎の涙』
タイトル:「0円販促」を成功させる5つの法則
著者:米満和彦
価格:¥ 1,470

 

【編集後記】
地元の桜はもう散ってしまいました。
昼間はもう暑いくらいですね。
そろそろコタツをしまおうかと思います。

【目指せ100冊レビュー!】
今回で18冊目です。

丹波経営研究会