HP・ブログ・SNS活用や飲食店経営等のお役立ち情報をブログで更新中。亀岡・南丹・能勢・篠山でホームページ・ブログのアクセス改善・問い合わせ獲得、フェイスブック・インスタグラムの起ち上げ・運用を支援。亀岡市畑野町の魅力をブログ・インスタで発信中。

事務所概要

  • HOME »
  • 事務所概要

当ホームページへお越しくださりありがとうございます。

大阪府北部、京都府南部を主な活動拠点として中小企業、個人事業主の経営者の経営相談役として活動しております。

ビジネスモデルと強みをよく理解し、コンセプトを再構築した上での販売促進支援(ネット・リアル両面)を得意としております。

また、コンセプトと販売促進を含む各種事業計画作成支援も行っております。

過去の支援実績

中小企業経営者への敬意

日本の企業数の99%は中小企業です。また、労働人口の約7割が中小企業で働いていると言われています。日本経済の屋台骨を支えておられるのはみなさまです。

中小企業経営には常に厳しい経営環境があり、1991年以降、廃業率が開業率を上回っている状況です。

その中で、これまで培った強み・ノウハウを活かし、長期的視点を考えながら現在の利益も確保するという難行を今も継続されている経営者のみなさまに心から敬意を表します。

私自身、独立開業したことで、中小企業経営の困難さ、お客さまが価値を認めてサービスを活用していただけるありがたさを実感を持って感じております。

そんな今も奮闘されている地域の中小企業経営に少しでもお役に立ちたい、ひいては、日本の中小企業の地位向上に寄与したいと日々努めております。

 

人財活性化を重視

当方は、組織内部の人財活性化を重視し、従業員満足第一経営の実現を目指しております。

経営者がどれだけすばらしいビジネスプランや新製品を持っていても、現場で働く従業員がやりがいをもって働いていなければ、絵に描いた餅に終わってしまいます。また、従業員が嫌々働いている状況では、顧客の心を動かすようなサービスは難しいと考えます。

私自身、人生の大きなテーマに”人間的成長”を掲げています。自分で考え行動し、失敗しながらも前に進む。そんな自律型人財を増やすことによって、外から見えないノウハウや強みが蓄積されます。

そのために、企業の価値観と優先順位を明らかにし、ブレない経営の構築を支援することがあります。また、経営者・社員の夢や目標を明らかにし、それを互いに応援する企業風土づくりも行います。

蓄積するためには、従業員の定着率が大前提となり、そのためにも従業員満足は重要です。反対に離職率が高いと、組織としてのノウハウが蓄積されず、いつも新人に新しいことを教えること、採用活動と新人教育に多大な労力とコストを費やすことになります。

 

”中小企業のかかりつけ医”を目指して

 「かかりつけ医」とは、その人の時系列、現在だけでなく以前からの長い間の病状を把握してくれている医師のことです。いつどのような病気をし、現在どこでどのような治療を受けているか、仕事や家庭のことも含めてその人のことを幅広く理解してくれて、適切なアドバイスをできる医師のことです。

 当方は、中小企業版「かかりつけ医」を目指しています。

 例えば、公的な無料の専門家派遣の場合、派遣回数は1~3回、多くて5回で、特定の具体的な課題解決の情報提供を行います。これまで何度もこういった支援をさせていただいておりますが、短期の支援では企業の本当の問題はなかなか見えてきません。個別の支援で、10回目の訪問で初めて本当に悩んでいることを打ち明けていただいたこともあります。

 表面的な問題解決のヒントを提案するだけでなく、よくお話を伺い、信頼関係を構築した上で適切な助言を行い、時には企業だけでは足りない部分を一緒になって行動することで会社を少しでも良くしたいと考えています。

中長期的なビジョンを経営者と共有し、その実現を支援します。また、社員の皆様とも良好な関係を持ち、社員の相談にも乗らせていただけるようなそんな「中小企業のかかりつけ医」が私の目指す経営支援の形です。

代表  岩橋 亮

サービス案内

事務所概要

●事務所名  岩橋マネジメントサービス
●代表    中小企業診断士 岩橋 亮
●郵便番号  621-0263
●所在地    京都府亀岡市畑野町土ヶ畑大タワ1-188
●アクセス   JR嵯峨野線(山陰本線)亀岡駅・能勢電鉄山下駅より車で約40分

●営業時間  平日9時~17時 ※原則

※完全予約制です。

※上記以外の時間帯はご相談の上、できるだけご要望のお応えできるよう柔軟に対応いたします。

※来訪いただける場合は、事前にご連絡をお願いいたします。

 

経営理念

中小企業の経営支援を通じて、働く人々の幸福を実現し、その家族や地域社会に誇りに思われる企業を実現する。地域経済の持続的発展、中小企業・小規模事業者の地位向上に貢献する。

 

プロフィール

略歴・あゆみ

  • 昭和55年11月28日生まれ 大阪府三島郡島本町で育つ(島本町立第二幼稚園→島本町立第四小学校→島本町立第一中学校)
  • 平成11年3月 大阪府立三島高等学校卒業
  • 平成15年3月 関西大学商学部商学科会計コース卒業
  • 平成15年4月 関東の東証2部上場の情報システム会社勤務
  • 平成18年1月 関西の税理士法人勤務
  • 平成19年10月中小企業診断士の資格取得
  • 平成20年8月 大阪府三島郡島本町にて岩橋マネジメントサービス設立(独立開業)※27歳
  • 平成22年1月 おおさか地域創造ファンド三島地域コーディネーター就任 ※継続中
  • 平成22年1月 支援企業様が経営革新計画承認
  • 平成22年3月 支援企業様が京都府認証「知恵の経営」実践モデル企業認証取得
  • 平成23年1月 京田辺市商工会様『経営革新塾』の講師を担当
  • 平成23年3月 事業デューデリジェンス経営改善計画・事業再生における事業の現状調査)受注
  • 平成23年6月 島本町商工会様の無料経営相談窓口担当 ※継続中
  • 平成24年3月 支援企業様が京都府元気印中小企業認定制度承認
  • 平成24年7月 島本町から亀岡市畑野町に移転
  • 平成24年9月 京都信用保証協会様 バリューアップサポート支援開始 ※継続中
  • 平成25年6月 摂津市様の摂津市産業振興アクションプラン懇話会 座長
  • 平成25年7月 『コンサルティング付ホームページ作成代行』初受注
  • 平成25年8月 京都プロコンカレッジ『中小企業診断士独立開業事例』紹介
  • 平成26年1月 京都商工会議所様『創業塾』の講師担当
  • 平成26年7月 京都商工会議所様『創業塾』の講師担当
  • 平成26年8月 中小企業庁認定 経営革新等認定支援機関登録

京都府亀岡市畑野町は、湯の花温泉よりも奥地で、るり渓温泉の近くであり、亀岡市街よりも能勢町中心部の方が近い町です。バスは1日3~5本で車がないと生活ができないところです。そんな暮らしに興味がある方は、下記の記事をご覧ください。山の中で田舎暮らし・スローライフ(?)がしたい方、相談に乗ります。

【知られざる避暑地】京都府亀岡市畑野町土ヶ畑の田舎暮らし

資格等

  • 平成19年10月 経済産業大臣認定 中小企業診断士
  • 京都「知恵の経営」ナビゲーター
  • 日商簿記検定2級
  • マイクロソフトオフォスユーザースペシャリスト

 

所属(会員・専門家登録)

 

好きな人物

諸葛亮孔明

  • 小学生の時に読んだ吉川英治さんの三国志でファンになる。弱小だった劉備を三国の一国まで実現した名軍師。また、劉備亡き後も劉禅を主君に丞相として蜀に尽くした。このような弱き立場から強い者と対向するようにまでもっていく軍師・参謀に憧れたことが、中小企業診断士の仕事につながる原点と思っている。”亮”の字が自分と同じなのも好きになった理由の一つ。

黒田官兵衛・竹中半兵衛

  • 三国志とともに学生時代夢中になったのが戦国時代。この秀吉の天下取りを支えた両兵衛。

真田昌幸・真田幸村

  • 弱小勢力でありながら、徳川家康を苦しめた点が昔から好き。

上杉鷹山

  • 長年にわたる財政危機であった米沢藩の再建を成し遂げた江戸時代屈指の名君。藩校を再建し、道徳教育にも力を入れ、徳による政治を実践した。内村鑑三氏の代表的日本人で感銘を受ける。何度も繰り返し読んでいる。関連書籍『日本資本主義の精神』

二宮尊徳

  • 農民聖者。こちらも内村鑑三氏の代表的日本人で感銘を受け、別の書籍も読んだ。特に「根っこほり」のエピソードに人財を評価する本質を学んだ。

渋沢栄一

  • 官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる。「論語と算盤」を著し、道徳経済合一説という理念を打ち出した。倫理と利益の両立を説いた。
  • ピーター・ドラッカーは、渋沢栄一氏に対してこう述べている。「率直に申して、私は経営の『社会的責任』について論じた歴史的人物の中で、明治を築いた偉大な人物の一人、渋沢栄一の右に出るものを知らない。彼は世界のだれよりも早く、経営の本質は『責任』にほかならない、ということを見抜いていたのである」

本田宗一郎

  • 本田技研工業の創設者。関西大学時代、卒業論文で日産と本田の経営分析を行ったことがきっかけで知った、私にとってのビジネスヒーロー。「こんな日本人経営者がいたのか!」と当時衝撃を受けた。

藤沢武夫

  • 本田技研工業の副社長。「技術の本田宗一郎氏(社長)、経営の藤沢武夫氏(副社長)」と呼ばれ、本田技研工業創設期の経営・資金繰り・営業面を担う。私も藤沢さんのように、世の中のためになる良い仕事をされる技術者の方を支援できるようになりたい。著書『経営に終わりはない』

ハーバート・ケレハー

趣味

  • ドライブ 猫 阪神タイガース Mr.Children バーベキュー スーパー・農産物直売所めぐり など

阪神タイガース

  • 1992年、亀山・新庄フィーバーで、クリーンアップがオマリー・パチョレック・八木だった時、島本町のソフトボール大会に優勝したご褒美に監督に甲子園へ連れていってもらったことがきっかけで本格的にファンになりました。
  • バース・掛布・岡田の時は本当に本当残念ながら5歳でほとんど記憶にありません。それ以降、ずっと応援し続けているのですが、ご存知の通り92年以上は晩年Bクラスのままで最下位の時も珍しくありませんでした。弱かった頃は甲子園のチケットが当日でも簡単に手に入るというメリットもありましたが、もどかしい応援が続きました。
  • そんな時、野村監督になり、少しチームが変わったように感じ、さらに星野阪神となり、2003年9月15日にセ・リーグ優勝を果たしました。当時は関東におり、東京ドームや横浜アリーナ、神宮球場で応援していたのですが、この優勝は私にとっても大きな人生の分岐点となりました。
  • 当時、かなりおだやかに見守るようになった今よりも熱狂的な虎キチだ「あの弱かった阪神タイガースが優勝した以上、私も何かをしなければならない!!!」った私は心からそう誓い、それから中小企業診断士の資格の勉強をはじめました。
  • その結果、今では中小企業診断士として独立して仕事をするようになりました。あの優勝の日、この感動を忘れまいと、次の日は全スポーツ新聞を購入し、デイリースポーツは読む用と永久保存用に2部購入しました。
  • 今の楽しみは、 藤浪投手の成長です。

好きな曲

  • Mr.Children・B’zの魂を鼓舞する人生の応援歌が好きです。Mr.Childrenは中学時代の1994年年からのファンで、ファンクラブFATHER & MOTHErにも入ってり、ライブやap bank fesなどにも参加しています。
  • B’zは大学時代にB’z大好きの友人からアルバムを全部借りたのがきっかけで好きになりました。ライブジムは数回参加したことがあります。しんどい時、苦しい時、彼らの曲を聞いて元気を出し、今までやってきました。
  • Mr.Children
    • 「Starting Over」
    • 「彩り」
    • 「Worlds end」
    • 「蘇生」
    • 「終わりなき旅」
  • B’z
    • 「GUITAR KIDS RHAPSODY」
    • 「孤独のRunaway」
    • 「BREAK THROUGH」
    • 「BOYS IN TOWN」
    • 「Wonderful Opportunity」

好きな食べ物

  • 寿司 ストレートジュース 果物 ラーメン スイーツ パン

中小企業診断士として独立開業に至った背景と理由はこちら

お気軽にお問い合わせください TEL 0771-20-1852 平日9:00~17:00

年別記事一覧

  • facebook
  • twitter
丹波経営研究会
亀岡市畑野町の田舎暮らし紹介
PAGETOP
Copyright © 岩橋マネジメントサービス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.