ホームページ

アクセス解析はホームページ・ブログ改善の基本

コンテンツを充実させ、ホームページやブログのアクセスをUPさせていくには効果の検証が必至です。

そのために必要なツールが無料アクセス解析ツールです。

  • ホームページに訪問した時に、どのようなキーワードで検索されたのか。
  • 外部サイトやSNSなど、どのサイトからリンクで飛んできたのか。
  • どのページが検索エンジンでよく表示され、閲覧開始ページとなっているのか。
  • どれくらいホームページに滞在してくれているのか。1人何ページみているのか。
  • どの都道府県からのアクセスが多いのか。

といったことがわかります。

オススメは、無料で使えるグーグルアナリティクスです。

私も利用しています。

まだ導入していなければ、さっそく導入しましょう。

(外部リンク)Google analytics登録・設定方法

 

「not provided」グーグルアナリティクスの検索キーワード状況がわからない

今、グーグルアナリティクスでキーワード検索情報を取得しようとしても、

下記画像のように「not provided」と出ます。

notprovided

これはYahoo!やGoogleが「https://」となり、暗号化によりセキュリティが強化されたことが原因です。

これにより、Yahoo!とGoogleという主要検索エンジンからの情報が取得できなくなり、

not providedと表現されるのが9割以上になってしまいました。

つまり、グーグルアナリティクスのキーワード情報は9割以上不明ということです。

 

グーグルサーチコンソールで補完

それを補完できるのが、グーグルサーチコンソールです。

Yahoo!の情報はわかりませんが、Googleで、

「何で検索された時に、平均順位が何位で、何回表示されて、何回クリックされたか?」

ということを教えてくれます。

kensakukueri

例えば、上の図の一番目を見ると、

「中小企業診断士 独立 20代」(クエリ)

というキーワードで、

平均3.8位で表示され、(掲載順位)

13回表示されました。(表示回数)

その中で4回クリックされました。(クリック数)

クリック率は、30.77%です。(CTR:Click Through Rate)

と読めます。

20daidokuritsu

実際に「中小企業診断士 独立 20代」で検索すると、この時は1位に当ブログの記事「中小企業診断士独立体験記01~はじめに~」が表示されていました。

このグーグルサーチコンソールを活用して、サイトの改善ができます。

(外部リンク)Google Search Consoleの登録方法・設定方法・使い方を解説(ワードプレス)

(外部リンク)サイト改善に必須!Googleサーチコンソールの使い方と登録方法【2017年度版】

 

グーグルサーチコンソールを活かしたサイト改善

表示回数が多いのに、クリック率が低い

この場合は、ページのタイトル(titleタグ)と説明文(descriptionタグ)を見直しましょう。

タイトルと説明文は検索エンジンでいう、看板です。

興味の引くタイトルと説明文にできれば、ページを開いてもらえる可能性が高まります。

タイトルは30文字程度、説明文は128文字程度が目安です。

タイトルはブログの場合は、ブログタイトルです。ホームページの場合はページのタイトルです。

 

検索順位は低いが、クリック率は高い

既に良いコンテンツであるが、日の目を浴びていないページです。

文字数を増やしたり、動画や画像・図解を増やすなどして、

掲載順位向上を目指しましょう。

 

上位表示されているが、記事タイトルにそのキーワードが入っていない

検索キーワードで最も重要なのはタイトルに入っている言葉です。

それがないのもかかわらず、掲載順位が高いということは、タイトルを改善すればさらに順位が高まる可能性があります。

タイトルや見出し(H2など)のキーワードを見直しましょう。

 

グーグルサーチコンソールを活用しよう

頻繁に新たな記事を投稿することも大事ですが、

中身をどんどん充実したり、キーワードを見直すこともアクセス向上には重要です。

グーグルサーチコンソールもぜひ活用しましょう!

 

丹波経営研究会