四万十川の沈下橋

四万十川の沈下橋

梅原デザイン事務所の梅原 真氏 byカンブリア宮殿

コンセプト

誰に:田舎の中小企業・農家などに

何を:地方の商品にぴったりのパッケージ・キャッチフレーズ・商品プロデュースを

どのように:ものづくりの現場をじっくり観察して

※当方解釈

 

考え方

・高知県の道の駅「道の駅四万十とおわ」に地域のオリジナルデザイン商品

・「田舎のマイナスは考え方一つでプラスに」

・「世の中から絶滅していいのか?」

・「地方は自分で考えろ!」

 

・ものづくりの現場をじっくり観察

・「語りすぎも、付加価値つけすぎもいけない」

 

やらないこと

・波長が合わない人、お金が一番の人の依頼はしない

・数十億以上の会社、都会の仕事はしない

・依頼の基準は、1.おもしろいか 2.事業が成り立つか 3.儲かるか

 

コメント

馬路村のお話は以前から知っていましたが、

個人的に、仕事のスタイルにとても共感しました。

まさに地域を元気にするお手本に映りました。

また、デザインの力を強く感じました。

私ももう少し現場を観察することも含めた

スタイルも確立しなければと思いました。

「田舎の埋もれた宝を輝かせる。」

私も目指している大きなテーマです。

山の可能性は大変勉強になりました。

参考サイト

カンブリア宮殿 田舎の埋もれた宝を”デザイン”の力で輝かせる男!梅原デザイン事務所 梅原 真(うめばら まこと)